燃料増 フューエルエックス

15分簡単取付!フルオートで燃料増加装置「FuelX」フューエルエックス

PCを使うの面倒、、、でもマフラー変えたらパワーが落ちた


フューエルエックスはPC使いたくない、でも失った性能は簡単に取り戻したい

というお客様向けに設計されたお手軽セッティングツールのご紹介です!

フューエルエックスで簡単に燃料が増えるのでトルク感がUPします。

KTMスモールがもっと楽しくなると高評価を頂いております!!



  ↓購入はこちら↓
FuelXsmallバナー


KTM専用サブコンで人気のあるパワートロニックを製造するRACEdynamics社から

新商品が発売し、日本でもリリースが出来るようになりました!(^^♪

以前より多くのお客様から、簡単で自動セッティングの機械はないの??と

ご質問があり、2年前にRACEdynamics社へ訪問した際に

商品開発の提案をしたのを覚えています。



【なぜ商品開発をインドまで行って提案したのか?】

厳しい環境規制に対応するためECUが空燃比を14.7へ修正しようとしてしまいます。

どのサブコンでもKTMスモールのO2フィードバック制御を補正できず

そのため補正力が強く、速くするためには特に厄介な問題でした。

しかし、このFuelXがあればO2フィードバック領域”クローズドループ”内の燃料を調整することが可能です。

(Proは10マップあり、さらに濃ゆくできます)しかも刺すだけ、調整は自動です。一切手間がありません。

もちろん、パワートロニックサブコンとの併用でさらにワンランクアップします。


細かい事をお話すると、125は特に純正で燃料が薄く

バルブが溶けるなどエンジントラブルが特に多いです。

390でサーキット走行される方だと、高回転で燃料が足りないという事象も



【刺すだけ簡単自動補正するFuelX:フューエルエックス】

本当に刺すだけ、簡単で機械が自動で調整してくれます。

付けるだけのお手軽なのが良いお客様向けの商品となります!

取り付けた瞬間から、自動で補正し学習しますので

使い込んで頂くと、車両にあったセッティングをFuelXが行います。

Proモデルだと10マップ付属しており、エアクリやマフラーの交換

本来必要な燃料を補ってあげることで、本来あるはずのパワーやレスポンスを取り戻すことができます。

お手頃なLIGHTモデルだと1マップとなり、刺すだけで燃料が増加するよう設定されています。

FuelX
 6つの特徴

 1. 15分簡単取り付け
 2. トルクの向上
 3. 防水・耐振動仕様
 4. 車種専用の補正マップ内臓
 5. 自動補正
 6. 10マップ選択可(プロのみ)




 【内臓マップ詳細】

マップ1- 燃料を低下させ、燃費を向上させます(燃費を向上させます)

マップ2- 燃料を低下させ、燃費を向上させます(燃費を向上させます)

マップ3- ストックマップ(バイクの純正状態)

マップ4- スロットルレスポンスと適度な燃料の増加

マップ5- スロットルレスポンスと適度な燃料の増加

マップ6- スロットルレスポンスと適度な燃料の増加  → ライトはこのあたりです。

マップ7- スロットルレスポンスと大幅な燃料の増加

マップ8- スロットルレスポンスと大幅な燃料の増加

マップ9- スロットルレスポンスとより大幅な燃料の増加

マップ10- スロットルレスポンスとより大幅な燃料の増加






  ↓購入はこちら↓
FuelXsmallバナー



【 Q &A 】

○ FuelXとは?

FuelXは、フルオートでインジェクション車の燃料を監視・学習・適応させ

バイクを簡単に強化する機械です。ライダーと車両の改造にあわせて

燃料を増加できます。



○ FuelX ProFuelX Liteの違いは何ですか?


FuelX Proには、10種類のオートチューンマップが内臓しており、

バイクの改造内容に応じて選択することができます。

Proにはハンドルバーマップ切替スイッチが付属しています(別途購入する必要はありません)。

FuelX Proはlightよりも多く燃料を増加でき、よりアクセルレスポンスを開放します。

FuelX

○ FuelXはエンジンに悪影響を与えますか?


FuelXは、自動でエンジンが最適な状態で動作するようにしており、

エンジンに悪影響なストレスを与えることはありません。

KTMが楽しくなりアクセルを開けすぎてしまう悪影響は発生するでしょう!


○ FuelXパワートロニックECUの違いは何ですか?


FuleX燃料最適化装置で、車両の性能向上にはあまり力を入れておらず、

その代わりにエンジンを最適化することに特化しており、

スムーズで快適な走行を実現することに重点を置いています。

パワートロニックは純正ECUの信号に上乗せすることで、

燃料信号と点火信号を制御し、隠されたレブリミッターの開放や

クイックシフターの追加が可能になります。

それにより、車両の全体的なパフォーマンスを向上させる違いがあります。



○ FuelXを使用するには、パワートロニックECUが必要ですか?


いいえ、必要ありません。

FuelXは、パワートロニックがあってもなくても動作するように設計されています。

しかしFuelXを純正ECUのO2センサーフィードバック領域を自動で

リニアに最適化するモジュールとして、パワートロニックと

組み合わせて使用することもオススメできます。

パワートロニックのパフォーマンスとFuelXのリニアに自動で

洗練される機能でバランスをとることで、より良い結果を得ることができます。


○ FuelXの取り付けは簡単ですか?


FuelXの取り付けは非常に簡単で、15分以内に取り付けることができます。



 >カプラー接続をして、本体をシート下に固定、終了!



○ FuelXは何に接続するのですか?


FuelXは、通常エキゾースト・マニホールドにあるラムダセンサー

(O2センサー)コネクターに接続します。


○ FuelXを装着するとバイクは速くなりますか?


はい。しかしパワートロニックほどではありません。

FuelXは主にエンジンの最適化と強化に焦点を当てており、

馬力アップには焦点を当てていません。


○ スロットルレスポンスは向上しますか?


はい。付属していた燃料を補うことで、FuelXはスロットルレスポンスを向上させます。



○ 雨の中を走るとFuelXは壊れますか?


FuelXは耐水性、耐熱性、耐衝撃性に優れています。


○ パッケージの内容は?



【FuelX Proの内容】

 FuelX本体、ハンドルバーマップスイッチ、ハーネス、結束バンド、

 保証書、日本語クイックスタートガイド、ステッカー

【FuelX Liteの内容】

 FuelX本体、ハーネス、結束バンド、

 保証書、日本語クイックスタートガイド、ステッカー

【適合について】

○KTM

 ・DUKE&RC 125/200/250/390 全年式

 ・Adventure 250/390 全年式 

○Husqvarna

 ・Vitpilen&Svartpilen 401 (2022年モデル以降は未確認)

 ・Vitpilen&Svartpilen 250 (発売予定)

○ROYAL ENFIELD

 ・Meteor 350 2021年 (発売予定)

 ・Classic 500 2020年 (発売予定)

 ・Himalayan 2017-2020年 (発売予定)

 ・Himalayan 2021年- (発売予定)

 ・Himalayan 2021年-  チョークなし (発売予定)

 ・Interceptor 650 2017-2020年 (発売予定)

 ・Continental GT 650 2017-2020年 (発売予定)

*発売予定モデルについてはお問い合わせください


  ↓購入はこちら↓

FuelXsmallバナー





KTMをもっと楽しく♪

ご不安な点がありましたらご相談ください!

お気軽に”nestonlineshop@gmail.com”か

ネスト公式LINE@:”@291jqngo”まで!




店長日記
お買い物ガイド
よくある質問
お客様の声
お問い合わせ
公式チャンネル

車種別一覧

カレンダー
  • 今日
  • お休み
  • 出荷のみ

【毎週 日・月曜 定休日】
<営業時間10時~17時>
イベント参加の日は、ご連絡や出荷が
遅れる場合や定休日が変更になる
場合があります。ご了承のほど
宜しくお願い致します。
(その他不定休あり)

会社概要


NESTindustry
861-8045
熊本県熊本市東区小山2丁目1-21
左右田 俊
096-288-6665(TEL)

096-283-6633(FAX)

■企業情報
■オンラインショッピングについて
■個人情報の取扱について
■特定商取引に基づく表示 ■サイトマップ

■店長日記

SNS

ページトップへ